Huerco Cafe & Gallery 出展ブランド紹介

お陰様で今年も開催する運びとなったフエルコカフェですが、フレンドカンパニーとして複数のブランドの出展が予定されています。当日はそれぞれのブランドから展示だけでなく、プロダクトの販売やイベント限定のノベルティを用意しているところもあるそうなので、是非とも珈琲を片手に見て回り、カフェスペースでくつろぎながら心ゆくまでご覧頂ければと思います。

イベント詳細はこちらから

4s&parabolics

パラボリックという言葉が示すのは、一つはロッドのテーパー。パラボリックアクションはずいぶん古いものになりましたが、その頃の釣り道具にあった質実剛健でいて味わいのあるモノ、使い続けてゆけるもの。そしてもう一つは放物線…転じてアプローチ。変わり続ける現代に通用する機能やおもしろさを表現をしていきたい。同じバス釣りであっても様々な見方を投げかけることで面白さは広がるはず。Parabolicsは温故知新を続けます。
http://sosurface.seesaa.net/

TOXIN × MURATA-KIMPAKU

2018年、フィッシングメディアで活躍するイラストレーター時川真一と、箔のスペシャルカンパニーである村田金箔がコラボレーションしフィッシングライフスタイルアイテムを展開する”TOXIN”をスタート。金箔貼りやホットスタンピングなどの光らせる技術を使い、アングラーが心躍るようなフィッシングアートグッズを展開する。
https://www.instagram.com/toxin_fishart/

 

THREE GROUNDS


EV-CUBEは、ボートフィッシングに革命を起こしたいと代表自身がエレキプロとして5年間の歳月をかけて作り込んだ製品。そして大学時代に、鳥取の渓流魚に出会い、それ以降現在に至るまで山陰鳥取自然に魅了されてきた体験を、釣りのみならず、道中で鳥取の自然や文化、食文化、歴史なども「釣行のプロセス」として満喫できるサービスが山陰トラウトフィッシングガイド「STF」です。リチウムバッテリー、トラウトフィッシングガイド、共通して他にないもの、新しい「価値」と「提案」を提供するブランド。
https://shingo19820820.wixsite.com/ev-cube

 

六度九分

2004年に岡山県でスタートしたハンドメイドルアーメーカーである六度九分。代表的なルアーとして「キングマーマー」や「横綱」といったリップレスタイプのクランクベイトがある。既存のジャンルのルアーを洗練させていくよりも、何か新しいルアーを生み出したい。たくさん釣れるのも良いけれど、それより記憶に焼き付く一匹をもたらせるルアーでありたい。そういった想いからチャレンジングなモノ作りを続けている近年ではフロントにバズブレードが付いた「バズボン」という特徴的なトップウォータープラグをリリース。
https://rokudokubu.com/

 

TONED TROUT

群馬県水上山に水源を持つ「利根川」は日本一の流域面積を誇ります。その源である群馬県はみなかみ町藤原地区に活動拠点を構え、2019年SSフィッシングアパレルブランド「TONED TROUT」をスタート。東京代官山での10年間にわたるアパレルデザイン活動とその経験からのクリエーションを活かし、アーバンとフィッシングシーンを結ぶ存在をコンセプトとしている。
https://www.tonedtrout.com/

 

Gerber&Gibson Fishig Tackle

古き良き時代の釣具の雰囲気を現代の技術でリリースし続けるソフトベイトメーカー“Domi Craft”そのDomi Craftが古き良き時代のテイストを大切にしつつも現代のマテリアルで創る、10年後も色褪せないハードを提唱するブランド。それがGerber&GibsonFishingTackleです。
http://domicraft.net/

 

BAKSYN original

「ワイヤーベイトをもっと楽しみたい。」創業から20数年、変わらぬ想いで作り続けてきた大阪生まれのローカルベイト”バクシンルアーデザインズ”は、今やバスフィッシングの本場アメリカでもその存在感を示し、バスフィッシング最高峰とも言える「BASS MASTER ELITE」にエントリーするアングラー達にも使用されるように。時を経てブラックバス以外の対象魚にもその性能が活かされる時代に、「世界が見えるワイヤーベイト」として驀進はこれからも熱い気持ちで突き進み続けます。
http://www.geocities.jp/baksyn/

 

BIGFISH 1983

BIGFISH 1983ービッグフィッシュ1983は、「Another vision of fishing/釣り人に新しい視点を。」をコンセプトに展開する、ヨーロッパのストリートフィッシングカルチャーをバックボーンに持つフィッシングアイウェア、アパレルブランドです。偏光グラスとしての機能性を十分に持ちながら、フィールドと日常をシームレスに行き来する普遍的なデザインをフランス・パリより発信します。
http://www.bigfish1983.jp/

 

 

それぞれ独自のフィッシングライフスタイルを提案されているこだわりのブランドが集います。
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。