MENU

大阪のど真ん中でウナギを釣る


2022年8月30日
大阪のど真ん中でウナギを釣る

とある夏の日「次はウナギを釣りに行きませんか?」とLINEが入りました。
ウナギが釣れるといったら四万十川か、はたまた養殖が盛んな鹿児島や愛知あたりまで遠征だろうかと考えていたら「大阪のど真ん中で釣りましょう」と。

待ち合わせ場所は大阪市内のとある地下鉄の駅。まわりにはオフィスビルが立ち並んでいます。

こんな街中に本当にウナギがいるのでしょうか。いつものようにHuercoのTさんが道具一式を用意してくれています。Tさんも今回は地下鉄です。ビールでも飲みながらのんびり釣りましょうと、コンビニで飲み物とつまみを買って、10分ほどで現場の川岸に到着。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

ウナギが釣れだすのは日が暮れてからということで、準備をしてくれているTさんを横目に、さっそくビールを。
前回の竿は組立式でしたが、今回はビヨーンと伸びるタイプ。糸の先にはおもりと針だけというシンプルな構成です。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

エサは生きたミミズを使います。箱詰めされたミミズが釣具屋さんで買えます。養殖されたミミズなのでとてもクリーンですが、ウナギはにおいでエサを探すので、においの強い野生のミミズのほうがよく釣れるそうです。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

朝まで降っていた雨のせいで水量が多く、水はかなり濁っていますが、ウナギ釣りにはこのぐらいがちょうどいいとのこと。流木や草などのゴミが束になって浮かんでいるのがちょっと邪魔ですが。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

暗いなかで釣るので、かかったときにすぐわかるよう竿に鈴と光る棒をつけます。川の中程をめざして投げ込んだら、あとはかかるまで放ったらかしなので、もうビールを飲むぐらいしかすることはありません。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

ぼくにとってこれが人生三度目の釣りです。初めてのサバ釣りも、二度目のマス釣りも、あっけないほどあっさりと1匹目がかかりましたが、今回は街中でのウナギ釣りですからさすがにすんなりとはいかないでしょう。
1匹も釣れなかったらどう記事を書こうかなんて考えていたら、リンリン。鈴が鳴っています。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

「かかってますね」まさかと思いつつ、竿を手に取りリールを巻いていきます。糸の先に重みは感じますが、暴れる感じはありません。ゴミかもなと思いつつさらに巻いていくと、パッと水面に白くて長いウネウネと動く物体が現れました。「お、ウナギですよ!」

大阪のど真ん中でウナギを釣る

今回もあっさりと1匹目をゲットしました。長さは40cmぐらいでしょうか。どこからどうみてもウナギです!
過去2回は1匹目のあとは少し手こずりましたが、今回はよほど条件がよかったのか、2匹目、3匹目と次から次に釣れていきます。

リンリン「あ、またかかった」すっかり慣れた手つきで竿を取ると、ウナギとは違うかなり強い引きが。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

釣り上げてみるとキチヌ(キビレ)でした!
40cmぐらいありそうです。河口付近に多い魚ですが、潮の加減で川を上ってくることもあるようです。

リンリン。
次もまた強い引き。

大阪のど真ん中でウナギを釣る

またチヌかと思ったら、今度はヘラブナでした!これも30cmを超えるサイズです。

リンリン。
これもかなりの引きです。
さあ、次はなんだと思って釣り上げると

大阪のど真ん中でウナギを釣る

ウナギでした!
50cm以上あって太さもなかなかの大物です。「これは売ったらウン千円になりますよ!」

大阪のど真ん中でウナギを釣る

そんなこんなで、結局3時間ほどでウナギを5匹釣り上げることができました。最後にデカいのが釣れて大満足。今回、釣ったウナギはさすがに前回のように簡単に調理してその場で食べることはできませんでしたが、ちゃんと泥抜きをしたら食べられるそうですよ!
というわけで、大阪のど真ん中でウナギが釣れました!

大阪のど真ん中でウナギを釣る

※ 釣りをする際は釣り禁止エリアや、釣り場のルールに注意して、マナーを守って楽しみましょう。

VR240-30

スピニングモデル / 8pcs(振出)

VR240-30 ¥14300(税別)

ブッコミスタイルで大物狙い VR240-30は餌釣りからルアーまで何でもこなせる万能振出しロッド。仕舞寸法46センチとリュックにも楽々収まるコンパクトさながら、伸ばせば全長240センチ(8フィート)と飛距離の出しやすい長さになります。 穂先はグラスソリッド仕様で不意のアクシデントでも折れにくく、バットセクション(根元)にも十分な力強さを持ち、投げ釣りやぶっこみで狙う餌釣りのほか、メタルジグやバイブレーションなど遠投して巻き上げてくるタイプのルアー釣りにもおすすめです。

にぎりこぷし

にぎりこぷしイラストレーター/

Official Site twitter instagram

北海道出身。教育系出版社に勤務ののち、フリーのイラストレーターとして独立。大阪を拠点に、イラスト、マンガ、似顔絵、キャラクターデザインなど、幅広く制作を手掛ける。趣味はジョギング。公式サイトで連載する絵日記は2000年より毎日更新中。